【ケア】「筋膜リリース」 って、はがす?ほぐす?

筋膜リリースって何?

姿勢も運動パフォーマンスも、筋膜の癒着を感じ、上手く動かせない時があります。

「筋膜リリース」は良く使われる表現ですが、リリースって何?はがすの?ほぐすの?

【筋膜リリースパーフェクトガイド 著者:竹井仁】より、筋膜リリースの必要性についてまとめてみます。

筋膜とは?

筋膜とは、浅筋膜・深筋膜・筋外膜・筋周膜・筋内膜の5つを指します。

筋膜が何で出来ているかというと、「コラーゲン繊維」と「エラスチン繊維」から出来ています。

外部からの力が加われば、その力を受け入れて形を変更することが必要になります。これがコラーゲンの役割です。コラーゲンは体の形を整えたり、体の動きに合わせてハンモックの様に形を変えたりできるのです。

筋膜に問題が起きたら?

悪い姿勢や偏った動作を長く続けていると、体の一部に不必要な負担が加わり、筋膜が自由に動けなくなります。また、同じ動きを何度も繰り返したり、同じ姿勢を長時間続けたり、ケガが生じたりすることで、筋膜は自由度を無くしてしまいます。

そうなると、筋膜がよじれてしまい、筋外膜の「コラーゲン」と「エラスチン」が一部に寄り集まって、自由に動けなくなります。そして、ゼラチン状になり粘調度が増してしまい、機能異常を起こしてしまいます。

その結果、筋外膜、筋周膜、筋内膜、などの筋繊維の動きや働きが悪くなり、十分な筋力が発揮できず、柔軟性も悪くなってしまいます。

よって、パフォーマンスの低下や、ケガを起こすリスクも上がります。

筋膜に問題がある人は、関節周囲に痛みを感じることが多いのですが、関節周囲に問題があるのではなく、筋膜に問題があることが多いと考えられます。

筋膜リリースの目的

筋膜リリースの目的は、筋膜のねじれやよじれを元に戻し、筋と筋膜の正しい伸張性を回復し、筋肉が正しく動けるように回復することにあります。

リリースとは制限を「解除する」「解きほぐす」ということを意味します。

まとめ

深筋膜リリースの目的は、交差したコラーゲン繊維とエラスチン繊維が一部に寄り集まった状態を解きほぐすことにあります。

人は1日の中で、頑張りすぎるほどに筋膜を硬くしてしまいます。理想としては、1日の中で筋肉が固まらないように、定期的に緊張をリセットしていくことが大切です。午前中、午後、入浴後というように、1日3回の筋膜リリースを行うことで、筋膜をほぐしていきます。2週間続けると、自分自身で体が軽く動けるように変わっていきます。さらに2週間続けると、姿勢の変化など見た目も変化していきます。

リリース終了後は、組織内に蓄積した有害物質を流し去り、不快感を緩和するために常温の水をコップ1~2杯飲むようにしましょう。

Keep Running®(キープランニング)の事業

福岡市「Keep Running®(キープランニング)」では個人対象、法人対象の事業を行っています。

【個人】

会員制のパーソナル・ランニングスクール「Keep Running®(キープランニング)」(福岡市中央区大手門3-12-12-403、大濠公園近く)

マンツーマンの専属コーチとなり、フォーム解析、練習計画、体作りを行い、目標達成へと導き、人生の充実感を共有していく。『リバウンドしないダイエットプラン』も好評。唯一無二のランニングイベント、楽しい懇親会、などを企画運営し、高品質な会員制のランニングスクールを運営する。

【法人】

「健康経営優良法人」コンサル事業・サポート事業を、運動・栄養・休養を軸に、企業様の事業発展のためにサポートを行う。

「健康経営」を推進するための研修や、オーダーメイドのサポート事業を行う。

お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

楢木十士郎